リバーズ・エッジ

岡崎京子の名作リバーズ・エッジの愛蔵版が発売されました。
私はこの物語が大好きです。
この作品にCUTIEで出会って、もう10年以上。
当時高校生か中学生だった私は、主人公のはるなの感覚がとっても理解できた。
登場人物の山田君が小山田圭吾な感じも好きな理由だ。

いろんな事件が起こるけど、何もできない感じや興味が持てない、現実味がないという感覚が好きな理由だと思う。
あとはるなの友人に対する感じも共通する。

初期の漫画を持っているのに愛蔵版を購入してしまった。
同じ内容の本が2冊あるのってなんだか変だけど、漫画という枠におさまらないこの作品がとーーーーーっても好きです。
読んでいない方がいたら是非。

岡崎さんの近況が最後に小さく載ってました。お元気そうでうれしいです。




あと、DVDで観た「人のセックスを笑うな」の原作を読みました。
なんだか別の話みたいな感じで、DVDから入った私はDVDの物語の方がしっくりくる。原作のユリは永作ちゃんとは大きく違うし、みるめ君ももっと大人だ。
DVDの方がなんだか愛らしい。
結構ハマってます。

読書な秋なのか!?
「残酷な神が支配する」だったかな?久しぶりに読みたいわー
「バナナフィッシュ」「同じ月をみている」も!漫画が読みたいなー。
e0066075_0422910.jpg

[PR]
by ten100net | 2008-10-16 00:42 | free life or dead
<< 今年も読書の秋だった 続!ヨーグルト >>